主なコンテンツ

〜主なコンテンツ〜

1. Unityで製作したゲームと製作Tips
  1. 三月精チャレンジ(東方Project二次創作)
    1. 作り方
  2. 英語学習2D(オリジナルスマホアプリ)
2. ゲームアプリ見学
3. Bitbucket & SourceTreeでの一連の流れ
  1. 前半
  2. 後半
4. Tips
  1. UnityのTips
  2. C#のTips
  5. SQL文のTips
  6. Final IK
  7. GearVR+Unity

2016年4月17日日曜日

ScriptableObjectの基礎理解

例えば、次のようなスクリプトを作ってみる。

注意点
  1. Listを使うので名前空間にはSystem.Collections.Genericが必要
  2. 継承クラスはScriptableObject


[CreateAssetMenu()]を付けたので、これによりCreateから作成可能になる。


Listに使用している内部クラスには[System.SerializableAttribute]を付けた。これにより、クラスのpublicなインスタンスをInspectorで操作可能になる(参考)。

InspectorでSizeを入力すればListの要素数を変更できる。よって、この時点でその気になれば.Assetファイルによるデータベースの作成が可能。


Inspector上ではなくExcelからデータを流し込みたければ、更に色々工夫する必要がある。

なお、Inspector上に表示されるelementに名前を付けたくなるが、そのためには色々と手間をかける必要がある(参考)。Unityでの管理のためだけにスクリプトを複雑にするのも変な話なので、あきらめた方が無難。

>>次へ(NPOIを用いてExcelファイルのデータをScriptableObjectに書き込む)

0 件のコメント:

コメントを投稿